ペットにもグルコサミン

人間が飼っている犬や猫といった、ペットにも関節症が増えてきている事実をご存知でしょうか。関節の痛みは炎症や関節自体に発生するものなどがあり、主な原因としては、病原菌によって炎症を起こすものと、関節の成分であるコンドロイチンなどの不足が関節への負担へと繋がり結果として炎症になると言った具合です。

最近はペットの高齢化や室内飼いが増えた事による運動不足が災いし、関節症が増えていると言う統計が出ています。関節の痛みが強くなってきますと、散歩に行くのを嫌がる、散歩の途中で止まるといった行動が現れるようです。

ペットが関節症を引き起こした場合、治療法はどのようなものかと言いますと、それはヒトと同じであると言われています。グルコサミンを摂取することです。人であっても犬や猫であっても、関節部分のメカニズムは同じで、軟骨を保つ為にグルコサミンが必要なのは変わらないと言うわけなのです。

そしてこれもまた人と同様、加齢と共に生成されにくくなりますので、ペットも関節を痛めてしまう事へと繋がります。関節症の治療方法でグルコサミンを用いると言う事ですが、最近はペットの健康維持の目的で、おやつやフードにグルコサミンやコエンザイムQ10などを配合したものも出てきています。加齢によって関節を痛めてしまうペットを見たくないと言う方はそういった成分が入っていないものよりは効果があるものを取り入れてみるのも良いかも知れません。